雪崩情報 190308 04:57 かぐら谷川武尊 Kagura Tanigawa Hotaka

雪崩危険度と傾向 Danger Rating

Info1 bg alp
Info1 dl considerable
Info1 arrow w down
Info1 bg tl
Info1 dl considerable
Info1 arrow w down
Info1 bg btl
Info1 dl moderate
Info1 arrow w stay
標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low ストームスラブに注意
森林限界 Treeline Low ストームスラブに注意
森林帯 Below Treeline Fair 湿雪点発生、全層雪崩に注意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab
Info2 bg1
Info2 tl n b
Info2 tl ne b
Info2 tl e b
Info2 tl se b
Info2 tl s b
Info2 tl sw b
Info2 tl w b
Info2 tl nw b
Info2 alp n b
Info2 alp ne b
Info2 alp e b
Info2 alp se b
Info2 alp s b
Info2 alp sw b
Info2 alp w b
Info2 alp nw b
Info2 bg2
Info3 graph certain off Info3 graph very likely off Info3 graph likely off Info3 graph possible on Info3 graph unlikely off
Info4 size 40 off Info4 size 35 off Info4 size 30 off Info4 size 25 off Info4 size 20 on Info4 size 15 on Info4 size 10 on

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow
Info2 bg1
Info2 btl n a
Info2 btl ne a
Info2 btl e a
Info2 btl se a
Info2 btl s a
Info2 btl sw a
Info2 btl w a
Info2 btl nw a
Info2 bg2
Info3 graph certain off Info3 graph very likely off Info3 graph likely off Info3 graph possible on Info3 graph unlikely off
Info4 size 40 off Info4 size 35 off Info4 size 30 off Info4 size 25 off Info4 size 20 on Info4 size 15 on Info4 size 10 on

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab
Info2 bg1
Info2 btl se b
Info2 btl s b
Info2 btl sw b
Info2 bg2
Info3 graph certain off Info3 graph very likely off Info3 graph likely off Info3 graph possible on Info3 graph unlikely off
Info4 size 40 off Info4 size 35 off Info4 size 30 off Info4 size 25 off Info4 size 20 on Info4 size 15 on Info4 size 10 on

概要 Summary

雪崩 Avalanche

昨日(7日)、自然発生、人的誘発により、多数の湿雪点発生雪崩サイズ1が観察された。

積雪 Snowpack

昨日、降雪が10-20㎝あったが、旧雪との境界面の結合が悪く、多数の湿雪点発生雪崩が報告された。その上に昨夜からの降雪が10-20cm程載っており、新たな降雪内の結合及び、旧雪と新たな降雪の境界面ともに結合に注意が必要。標高の低い場所では、雨により旧雪は融解し強度をうしなっている。

天候 Weather

5時現在、アメダス藤原での過去24時間の降水量6.5mm。降雪深は9cmの増加。気象庁の発表では、冬型の気圧配置となるが、午後から次第に高気圧に覆われるため、曇りで昼前から晴れるが、山地では昼前まで雪の降る所がある予報を出している。

行動への助言 Travel Advisory

降雪量の多い高い標高では、急斜面に形成されている新たなストームスラブに注意してください。低い標高では降雨と昇温の影響が強いため、グライドクラックの開いている場所からの全層雪崩や崖状の場所からのブロックの崩落に注意してください。この様な場所から距離をとって、素早く通過することがお勧めです。発生した雪崩のサイズが小さくても被害を大きくしてしまう深い沢、がけ、岩、立木等の「地形の罠」の存在に注意して行動してください。