Back >

180324 白馬乗鞍岳

日付と場所 Date & Location

0126a6a7 1033 4d29 87e5 9b5932e3bf13
投稿者 Observer 平田雄樹
観察日付 Observation At 180324
投稿日時 Posted At 180324 18:40
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 白馬乗鞍岳
場所 Location 栂池BC
同行者 Co-worker
雪崩情報 Avalanche Infomation

観察データ Observation data

標高 Elevation 1500m〜2010m
気温 Temp. -2.0(1340hrs / 2010m) 〜 2.5(1140hrs / 1910m)
天気 Sky CLR 雲量0()
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:稜線上は時折L、方角SW
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 24時間以内に発生したと思われるSIZE 2 Na S ,方角 E , 48時間以内に発生したと思われるSIZE 1 Na S 多数 方角N~E
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 強いS〜Wの風の影響を受け風下側に再分配された雪が5~10cm0323MFcrの上に載っている、MFcrの下はそれ以前に積もった密度の低い雪が30~50cmドライに保たれたまま残っていて逆構造、特に北向きの斜面では0323MFcrとの結合は悪い。稜線上ではワッフ音も確認。
Spin No Yes(1752)
コメント Comments 北斜面では0323MFcrとその下の密度の低い層との結合が悪くCTV,CTE3 SCの結果 上下の温度勾配は3.1度(SPIN参照)再結晶化は確認出来なかった。日射、昇温の影響で沈降が進んでいるが北向きの斜面ではあまり感じられず1200時頃まで表面の積雪はドライだった。
動画URL Movie

総括 Summary

総合的なコメント General Comments 南向きの斜面では部分的に硬い面は有るが全体的に雪が緩んで快適な滑走が楽しめた。