Back >

190103 栂池高原

日付と場所 Date & Location

投稿者 Observer 中林寿之
観察日付 Observation At 190103
投稿日時 Posted At 190103 20:18
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 栂池高原
場所 Location 西鵯峰
同行者 Co-worker
雪崩情報 Avalanche Infomation

観察データ Observation data

標高 Elevation 1570m〜1940m
気温 Temp. -8.3(1230hrs / 1910m) 〜 -5.3(1050hrs / 1660m)
天気 Sky X 不明(終日薄日射す。1430hrs以降はBKN、北の空は青空になる。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:稜線では時折S-SW。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:次第に弱まり1500hrs以降はNil。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 特に無し。スキーカット結果無し。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 積雪表面から下に50〜80cm程は低密度で硬度F〜F+、積雪表面層10cm程は新雪の雲粒付、その下層は新雪の結晶が砕けたこしまり雪0.5-1.5mm。その層にはいくつかのインターフェースがある。110〜145cm下に融解凍結クラストがある。積雪表面からクラストにかけて硬度を増す正構造。標高や斜面方位での違いで積雪深の違いはあるが積雪表面からクラストにかけては概ね積雪構造は同じである。HS170〜250。フットペン40cm。 1940m 北斜面 ・CTM↓40cm B こしまり雪1.5mm ・CTH↓80cm RP こしまり雪0.5mm 1710m 南東斜面 ・CTM↓16cm B こしまり雪1.5mm ・CTM↓34cm B こしまり雪1.5mm ・CTH↓55cm RPこしまり雪0.5mm
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie

総括 Summary

総合的なコメント General Comments