Back >

190119 八甲田山

日付と場所 Date & Location

投稿者 Observer 服巻辰則
観察日付 Observation At 190119
投稿日時 Posted At 190119 19:36
エリア Range 八甲田 Hakkoda
山岳 Mountain 八甲田山
場所 Location 雛岳
同行者 Co-worker
雪崩情報 Avalanche Infomation

観察データ Observation data

標高 Elevation 610m〜1060m
気温 Temp. -7.1(11:10hrs / 920m) 〜
天気 Sky SCT 雲量4-5()
風 Wind 風速 Wind Speed:S 12-17m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:正午前後、西風が強く、次第に風邪は緩やかになる。飛雪が激しい。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:S-1〜S1、一時S2、時々止む。
雪崩などの観察 Avalanche Observations なし
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 標高920mの北向きの西風の当たらない地形の開放斜面では、雪面から100cmまで1Fまでの正構造となっているが、降雪結晶、雪の粒径の違いによりCTでいくつかの破断を認めるが、ほとんどはRPかBRKであった。しかし、雪面から46cm下には1/13〜14に形成された表面霜が残り、CTM17、SCの結果を得る。ここはバーブテストでも容易に破断する。埋没した表面霜は、砕けて1〜2mmの大きさになっているが球形化は進んでいない。この表面霜の上下の温度差はないが、雪温は-9.5度であった。
Spin No
コメント Comments 主に北西〜北東斜面を行動。ごく一部を除いて主に樹林帯を行動したため限定的な観測。
動画URL Movie

総括 Summary

総合的なコメント General Comments 埋没した表面霜の存在に留意。