Back >

190209 富良野岳

日付と場所 Date & Location

20190209 111230
投稿者 Observer 藤井大志
観察日付 Observation At 190209
投稿日時 Posted At 190209 16:08
エリア Range 大雪山 Daisetsuzan
山岳 Mountain 富良野岳
場所 Location G尾根
同行者 Co-worker
雪崩情報 Avalanche Infomation

観察データ Observation data

標高 Elevation 1000m〜1520m
気温 Temp. -18.9(1039hrs / 1450m) 〜 -15.0(1305hrs / 1000m)
天気 Sky OVC 雲量10()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 風下斜面にはウインドスラブを観察する。ウインドスラブは幾層かに形成されその厚みは1㎝から5㎝程のスラブとなり破断する。最大の厚みで15㎝。標高1450mで厚み5㎝の長さ1mのシューティングクラックを観察。積雪表面のウインドスラブは1Fで厚みには多様性がある。その下に4Fのしまり雪がある逆構造。PS25㎝。 風上斜面は削剥されてシュカブラ(高低差10㎝硬度1F-P)が形成された。 BTLの沢も風の通る箇所では積雪表面は締まり、硬度には多様性がある。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie

総括 Summary

総合的なコメント General Comments 限定的な行動。ウインドスラブの厚みは観測した範囲では多様性がある。慣れないテレマークスキーでの山行で逆構造の雪は手強かったです。