Back >

180126 南八ヶ岳

日付と場所 Date & Location

投稿者 Observer 杉坂 勉
観察日付 Observation At 180126
投稿日時 Posted At 180126 17:49
エリア Range 八ヶ岳 Yatsugatake
山岳 Mountain 南八ヶ岳
場所 Location 横岳西面
同行者 Co-worker
雪崩情報 Avalanche Infomation

観察データ Observation data

標高 Elevation 1680m〜2210m
気温 Temp. 〜 -14.0(1200hrs / 2210m)
天気 Sky SCT 雲量4-5(山頂、稜線はガスに覆われる時間が多かった。)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:標高2500m付近に強風域が有ったとの情報あり。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 見える範囲では無し
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 厚さ3〜4cmの0117MFcrの上に硬度4Fの新雪が20cm前後乗る。標高2000m以上の新雪層はかなり風の影響を受けており、5.〜6cm程度のウィンドスラブを形成。ウィンドスラブとその下の層の結合はあまり良くなさそうだ。 また積雪層内は表面から30cmまでかなり高い温度勾配で、0117MFcrの下には4Fのこしもざらめの層があり、下の層との結合は悪い。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie

総括 Summary

総合的なコメント General Comments 1月16日以降、八ヶ岳の積雪構造は複雑に変化したようだ。今日はかなり限定的な行動だったため、ハザード評価、雪崩危険度を判断するだけの情報が得られなかったが、明日以降の行動には十分な注意が必要と思われる。