Back >

180202 唐松岳

日付と場所 Date & Location

Scf07791
投稿者 Observer 黒田 誠
観察日付 Observation At 180202
投稿日時 Posted At 180202 15:41
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 唐松岳
場所 Location 小日向山
同行者 Co-worker
雪崩情報 Avalanche Infomation

観察データ Observation data

標高 Elevation 835m〜2000m
気温 Temp. -4.2(1300hrs / 1900m) 〜
天気 Sky BKN 雲量6-9(時間の経過に伴って、雲量は増加。正午前には高い山には雲がかかり、気温の上昇に伴う雲も下から上がってきた。)
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:午後は雲の中に入り、時折S-1
雪崩などの観察 Avalanche Observations 1700~2400mの東斜面でサイズ1〜1.5の面発生雪崩が自然発生。行動した全標高帯、全方位でサイズ1の乾雪点発生雪崩が、自然、誘発ともに。ウインドスラブをスキーでカットすると小さく破断。1300時頃、大きな雪崩の音が、連続して3回聞こえた。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 1500m以上の標高帯では硬度P~Kの融解凍結層(0201MFcr)が全方位で存在し、その上に昨夜の降雪によってもたらされた硬度F-の新雪(雲粒が無い綺麗な降雪結晶)が3〜5cm載った。旧雪との結合は悪い。標高1400以下の南向き斜面では、積雪表面がモイストになり、午後には再凍結した。局所的に形成されているウインドスラブはコシモザラメの境界で旧雪に載っており、稀に反応するが伝播はしない。
Spin No
コメント Comments 1400m以下では積雪深が浅く、沢には穴が開いている。
動画URL Movie

総括 Summary

総合的なコメント General Comments