Back >

180313 大日岳

日付と場所 Date & Location

投稿者 Observer 杉坂 勉
観察日付 Observation At 180313
投稿日時 Posted At 180313 21:19
エリア Range 立山・穂高 Tateyama/Hotaka
山岳 Mountain 大日岳
場所 Location 前大日岳
同行者 Co-worker
雪崩情報 Avalanche Infomation

観察データ Observation data

標高 Elevation 1310m〜1778m
気温 Temp. 1.0(0530hrs / 1310m) 〜 6.5(1145hrs / 1750m)
天気 Sky CLR 雲量0()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:0900まではSEの風
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 昨日観測したものと同じ9日(金)に起きたと思われる自然発生の面発生湿雪表面雪崩サイズ3、北西斜面。 その他南斜面で自然発生の湿雪点発生雪崩サイズ1多数。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack BLT1700m以下の日射の影響が少ない北斜面では、硬度KのMFcrの上に硬度F〜4Fの最近の降雪によるモイストな新雪層がのる。新雪層は昇温の影響でスキーカットに容易に反応する。 日射の影響を受ける斜面では、午前10時まで積雪表層に厚さ5cmのサンクラストが形成されていたが、その後の昇温と日射の影響でウェットになっていた。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie

総括 Summary

総合的なコメント General Comments 1800以下の標高帯では斜面方位にかかわらずグライドクラックが散見された。